長岡京市 裏百景

第9号

水垂の森

水垂の森
東(水垂町)から 遠くに見える森

長岡京市の裏百景 第9号 水垂の森



水垂の森の地図
 「勝竜寺森」と表記してましたが、調べていくとここは水垂(みずたれ)の埋立地。 勝竜寺埋立地は隣接する別の場所でした。なので「水垂の森」と表記を変更します。  ただしここは伏見区淀の水垂町(みずたれちょう)。行政区域上では京都市です。 長岡京市側から眺められるので取り上げます。そもそもここは散策する森ではなく、 遠くから眺める森なのです。  埋立地の一部はこんもり繁った森になっています。大きな森に見えるけど、実は東 北から西南へと斜めに伸びる細長い壁のような森です。五間堀川と七間堀川が並走し、 その間にあります。水路とコンクリート壁に囲まれ、立入禁止です。中に通じる道は 東北と南西の、埋立地事業所敷地の中しかありません。



 北側の陸橋上から見た森
水垂の森


 埋立場の東北側の門
水垂埋立場の東北側の門


水垂の森
 北西の農道から
水垂の森




 不法侵入ですが、東北側から侵入。
水垂の埋立地入り口付近
 ここはまだ森ではない。右奥のほうです。まだ見えてない。

森の北端
 正面の木が森の東北の端っこ。

水垂の森
 中は鬱蒼としている。

水垂の森
 道はない。

森を陸橋から
 埋立地内の陸橋から眺めたところ。右側が森です。

水垂町の方向から

 水垂町の方向から眺めたところ。この広い野原もすべて、乙訓環境衛生組合の敷地
です。全体がフェンスで囲われ、鍵がかけられている。北側はグラウンドがあり、利
用する人がいる場合のみ開いているようです。

 廃棄物を新たに搬入せず、グラウンド以外は利用もしない。広い空間がもったいな いです。森そのものを散歩道に変えるという発想は出てこないんでしょうか。

 人の侵入を厳しく制限しているので、鳥たちは安心して暮らしてるようです。虫と 鳥の楽園なんでしょうか。

 2017.6.20(全面書き換え)
水垂埋立地の空撮
 空撮写真が見つかりました。あまり鮮明ではない。  写真の中のA地区が水垂の森です。と、説明するほどのこともないが‥。  「拡張地」は今、大規模太陽光発電所になっている。

水垂埋立地の空撮
 角度を変えた空撮。水垂町の新しい集落がなく、上記より古い写真。

水垂埋立地
 これも、角度を変えた図。これが現在の形。

水垂埋立地処分地の全体図
 水垂埋立処分地の全体図です。レイアウトがわかりやすくなった。

水垂埋立地西南部
 上の図、Fの左上のところから撮影。この位置からは水垂の森が見えていない。






「極楽」トップページ

裏百景の最新ページ

名神高速植物園

第2外環の柱脚

当ページへ