じべたでひろたもん

タイトル名 じべたでひろたもん
地べたに落ちてるもんを拾って活用しとります。
みなさんもご一緒に、いかが?


  ボツ画供養塔   省エネカフェ    映画カフェ   長岡京市の裏百景    船越屋画廊   船越屋新製品

採取物:
黒い靴
採取日:
2017.6.22
採取場所:
長岡京市某所
黒い靴
 靴を拾うことがあるとは思わなかった。たまたまその時、必要があった。

勝竜寺埋立地
 この斜面、45度の傾斜があり、200メートル近く続く。ここの除草作業に入る。この斜面でしっかり立てる靴がなかった。

黒い靴
 靴底はこんなもん。これよりましな靴を持ってない。

立入禁止の道
 これは勝竜寺埋立地(左)と水垂埋立地(右)の間の通路で、一般は立入禁止区域。左側を刈る。

除草作業
 草刈機による除草作業。

黒い靴
 作業後の靴。見た目あまり変わらないように見えるが、底がボロボロになり、はがれかけている。補修はするが、長持ちしそうにない。

バートン・スノーボードブーツ
 なんの靴か知らなかったが、ひっくり返して判明。バートンのスノーボード用ブーツでした。なんで鏡文字になってるんだろう。意味ない。





採取物:
なまえぺん
採取日:
2017.5.27
採取場所:
長岡天満宮付近
なまえぺん
 ペンは余ってるのでいらないんだけど、油性という文字が目に入り、拾った。今は水性ペンより油性ペンがほしい。

 どうせ安物と思うが、メーカー名がどこにもないのが気になる。

 さっそく試し描き。

落書き




採取物:
リュックサック
採取日:
2017.4.13
採取場所:
長岡京市某所
リュックサック
 洗って、ベランダで干してるところです。

 ぼちぼち買い換えたいと思ってたところだった。なんてタイミングがいいんだ。

 じっくり検品。汚れ・ほつれ、なし。未使用ではないらしい。なぜ捨てたのかはわかりようがない。もったいないことだ。

 バッグの類を最後に買ったの、たぶん20年以上前だと思う。永久に買わずにすませられるだろうか。

 一つだけ余計なものがくっついていた。ファスナーの飾りだが、ミッキーマウスらしい。いらんので切って捨てる。

ミッキーマウス




採取物:
阪急の時差回数券
採取日:
2017.2.13
採取場所:
阪急の河原町駅
阪急の回数券
 山道ルートの探索が不調に終わっての帰り、阪急の改札口を通った時に回数券を一枚拾った。毎度のことで、駅員室へ届けに行こうとした。

 ふと発駅表示がないのに気づいた。未使用だった。改札を通した乗車券じゃない。そういうことってありうるのか。改札を出る前にポロッと落とした可能性もある。

 拾ったのは左の切符。右は僕が使用したもの。発駅表示以外は同じなんだよね。収穫の乏しかった探索ハイキングだったが、収穫はあったということなんだね。





採取物:
ヒラタケ
採取日:
2016.12.28
採取場所:
西山(大山崎町)
ヒラタケ
 一本の木に上から下までびっしりと。ヒラタケを見つけたのは二度目だが、すごい量だ。どうしてこの木だけなのか。

 少々いただく。少々だけで大きなビニル袋がいっぱいになった。

 場所は十方山山頂をちょっと南下したところ。まだいっぱい残ってますから。

 さっそくお好み焼きの具に。明日はキムチ鍋。明後日は炒め物で、おしまいかな。

ヒラタケ





採取物:
QUOカード
採取日:
2016.12.27
採取場所:
長岡京市某所
QUOカード
 植え込みに落ちていた。捨てたのか落としたのか。度数500のカードだが、度数の数字が0と5しかなくて、その真ん中の上に穴が空いている。てことは2円か3円なの?

 この部分に穴→QUOカード

 コンビニ店員に調べてもらうしか知る方法はなさそうだ。本当に2〜3円だったらがっかりものだ。




採取物:
千寿せんべい
採取日:
2016.12.8
採取場所:
長岡京市某所
鼓月
 忘れていったんでしょうね、たぶん。捨てたようではないです。

 千寿せんべい/鼓月 税込1080円。

 上の写真、あった場所と撮影地は別です。

千寿せんべい





採取物:
味の素のほんだし
採取日:
2016.11.29
採取場所:
長岡京市某所
味の素のほんだし
 開いてますが、未開封状態でした。中身を確認するために開封しました。

 24袋入りで、すでに一つ使用済み。

 だしパック買うつもりでしたが、当分必要なし。





採取物:
バス・ナビタイム(一日乗車券)
採取日:
2016.11.3
採取場所:
京都市某所
バスの一日乗車券
 時々落ちてる一日乗車券。地下鉄のも落ちてました。地下鉄は乗らない。未使用ならもらうけど、使用済み。

 バスの一日乗車券は何回使用したか履歴が出ないのでわからないが、必要なぶんを使い切ってないんじゃないか。さぞかし残念だったことでしょう。その無念は晴らしました。僕が三回使ってあげました(笑)。





採取物:
発泡スチロールの箱
採取日:
2016.10.24
採取場所:
長岡京市某所

発泡スチロールの箱

 スチロールの箱を拾いました。内径は、深さ13センチ、幅26センチ、奥行き34センチ。


発泡スチロールの箱


 これ、手鍋のサイズにぴったりです。厳密には奥行きで1センチ不足、幅は6センチオーバー、高さでは持ち手がちょっと引っかかる、ぐらい。高い部分はフタをちょっと削ればいい。幅の余った部分は適当に詰め物で。鍋の下に板紙を敷く必要があるので、そのぶんもフタ削る必要がある。

 何をするかわかりますでしょうか。余熱クッキングです。加熱時間を少なくし、余熱で調理を完了させるというやり方。

 ずっと探してたんですよ。でもピッタリという箱がなかなか見つからなくて。こんなにもサイズの合う箱は二度と見つからないでしょう。





採取物:
黄色いバケツ
採取日:
2016.9.29
採取場所:
長岡京市某所
黄色いバケツ
 世の中、バケツで大根を栽培してる強者もいる。大根を作りたいとは思わんが、オクラを作ってみたい。どちらも大きな容器が必要。

 で、こんなものを拾ってきた。上端の外径が29.5センチ。高さが27センチ。うちにあるいちばん大きいのとほぼ変わらない。0.5センチずつ小さいぐらい。

 真新しくて汚れがない。古いほうをプランターに転用するというのもありだ。オクラを作るとしても来年。先の長い話だ。拾うのは来年でもよかった。





採取物:
ナラタケモドキ
モエギアミアシイグチ
採取日:
2016.9.17
採取場所:
京都市西京区小塩
長岡京市(西山山中)
ナラタケモドキ
モエギアミアシイグチ
 ナラタケモドキ(上)は小塩バス停脇に密集してました。クロニガイグチ(下)は西山にある灌漑用の池の脇。

 どちらも初めて採取する。帰ってから調べた。100%食用と見定めたクロニガイグチが食毒不明。ナラタケモドキは予想通り食用でした。

 キノコばかりの日々。世知辛い世の中になって、めぼしいものをあまり捨ててくれなくなったのかもしれません。


[2016.9.18追記]
 情報があり、クロニガイグチと同定したものはモエギアミアシイグチと判明。一般には幻覚性の有毒キノコとされているが、根拠がなく、食毒不明。クロニガイグチとかなり似ているが、微妙に軸が異なる。同様に猛毒のミカワクロアミアシイグチもそっくりながら、軸の網模様が異なるので別とわかる。

 イグチの仲間はかつて毒キノコなしと思われていたが、ちらほら出てきている。イグチだからと、安易に手を出すのも考えもの。


[2016.9.21追記]
 またしてもナラタケモドキ。右京の里にある、小畑川沿いの細長い公園。よくあるキノコのようです。誰も採らないので僕がもらっていきます。最近は完全にきのこ屋さんです。

 先のモエギアミアシイグチはナスといっしょに炒めて食べました。なんともありませんよ。幻覚なんて、ありません。あれ、窓の外に、ペンギンが飛んでる。 ナラタケモドキ
ナラタケモドキ






採取物:
不明なキノコ
採取日:
2016.9.15
採取場所:
京都市南区の上調子児童公園
不明なキノコ
 またしてもキノコ。キノコばかりに目がいってるみたいですが、他にめぼしいものがないのです。

 古い切り株の根元に見慣れないキノコがたくさん生えていた。直感的に「これは食える!」と思ったものの、確証はない。

 図鑑とネットで調べるが、該当するものがない。まとまって生えてたので、ありふれたキノコだと思ったんだけど。

 せっかく八宝菜の準備をしたが、わからんものを入れるわけにいかん。たくさん採ってきたけど、捨てる。





採取物:
スッポンタケの幼菌
採取日:
2016.9.11
採取場所:
長岡京市西山
スッポンタケの幼菌
 見たことのない白いキノコを見つけた。柔らかい。サイズは4.5センチほど。同行の友人はトリュフかもと言ってたが、トリュフは土の中にあるもんだ。ショウロでもないだろう。

 白だったが、持ち帰ると変色していた。採取前に撮影するんだった。

 切ってみた。

スッポンタケの幼菌の断面

 想定外のヴィジュアル。外周がゆるいゼラチンのよう。調べたらスッポンタケの幼菌。食用だそうだ。が、このヴィジュアルで食べるというのはあまりそそられない気分。はっきり言って、気色悪い。エイリアンの卵みたいだ。誰か食べてみます?



カエンタケ
 こちらは先月見つけたカエンタケ。触っただけでズルズルにかぶれるという超危険な猛毒キノコ。きれいだし、撮影するだけ。





採取物:
リュックサック
採取日:
2016.7.27
採取場所:
長岡京市
リュックサック
 使用中のバッグがボロボロ。寿命だと思ってたところで、拾った。分別回収ステーションにあった。

 未使用じゃない。一部痛みもあるが、簡単に補修できそう。

 ポケットの多いのが魅力だ。背面のファスナーのいちばん上。中を開いたらまたファスナー。内側に3種類のポケットがあった。こんなにたくさんはいらないけど。





採取物:
ミドリスギタケ
採取日:
2016.6.6
採取場所:
長岡京市の西山
ミドリスギタケ
 初めてお目にかかるキノコ。緑の斑点があるということだが、こいつにはなかった。

 オオワライタケの近縁種。しかし毒性に関しては確認されておらず、食ったところでたいしたことはなさそうだ。人体実験する気はないけど。

ミドリスギタケ

軸にツバのあるのが有力な手がかり




採取物:
アカマツ?
採取日:
2016.5.27
採取場所:
長岡京市
アカマツ?
 分別ステーションに出され、ケースが回収されたあと、これだけが残されていた。剪定物は可燃ゴミでいいのに。バカだねえ。

 幹の形は悪くないので何かに生かしたいんですが、イメージがわかず。当分はここに放置されると判断し、保留とする。





採取物:
竹筒
採取日:
2016.5.23
採取場所:
京都市西京区の山道
竹筒
 切った竹が大量に捨ててありましたが、折悪しくデジカメのバッテリーが切れて撮影できず。持ち帰ってから撮影。奥は同じく今日採ってきたミツバ。

 捨ててあったのは間違いないですが、ていねいにカットしてあり、拾ってもらえることを期待して置いてるとしか思えない。再度行くことがあれば現場を撮影したい。


 拾ってきたのは1コだけ。底はありません。なんでこんなのを拾ったか。スーパーの買い物ビニール袋をまとめる筒状のものがほしかったんです。


竹筒

 まとまってないというツッコミはありそうですが。





採取物:
剪定物の堆肥
採取日:
2016.5.13
採取場所:
京都市西京区小塩
堆肥
 下の立て看にあるように、堆肥の「ご自由にお持ち帰り」です。原材料が剪定物とわかれば安心して使うことができる。

 ベランダ栽培では、スペースが足りんとか鉢が足りんとか、土も足りなかったりする。厳密には土ではなく有機物だが、これで土不足を解消できそうだ。お持ち帰り分から小石や木屑をなるべく除去した。木屑はなかなか分解しない。

 場所はこの地図を参照してください。
 長岡京市の裏百景87 西山北部ハイキングルート

ご自由にお持ち帰りくださいの立て看板




採取物:
マツオウジ
採取日:
2016.4.23
採取場所:
月輪寺から清滝へおりる途中の山道
マツオウジ
 見たことないキノコで、わが家の安物図鑑に載ってないことは確実。ネットで画像検索。カサの模様とギザギザのヒダが決め手になりました。マイナーなキノコかと思ったんですが、そうでもないんですね。

 カサのサイズはだいたい7センチ。いちおう食用。だが注意も必要な種類。茹でこぼした上で煮物か汁物に。3日に友人たちとバーベキューを予定してるが、こいつは歓迎されそうにない。焼くだけという調理は向かないキノコだし。

マツオウジ
 ひだはギザギザになってるのです。この写真ではわかりにくい。

マツオウジのヒダ
 これぐらい拡大すればわかるか。

茹でたマツオウジ
 茹でると強烈なグルタミン酸系うまみのかおり。食欲がそそられます。もったいないと思いつつ、茹で汁を捨てて再度茹でました。




採取物:
女物の時計
採取日:
2016.4.15
採取場所:
長岡京市
女物の時計
 別なものに目を留め、視線を前へ戻しかけたとき、違和感のあるものを目がキャッチした。普通は見えない。こんなごちゃついたところに小さい時計があるなんて、誰も気づかなかったろう。

 落としてまださほど日は経ってないらしく、汚れはない。時刻も合っている。

 時計はいらないので拾わない。落とした人が探そうとしても、こんなところにあると見つからない。

女物の時計
 これでよかろう。





採取物:
オイルサーディン
採取日:
2016.4.6
採取場所:
長岡京市
オイルサーディン
 なぜこれを捨てていったのかは明白。賞味期限が切れてるんです。去年の4月。生鮮食品の消費期限が去年の4月ならとても食べられたもんじゃないけど、缶詰などは大丈夫です。

 かつて「切れたやつを食べて」と、まとめて送ってきた人がいました。ドカッと大量に。一か月、ほとんどそればかり食べてました。

オイルサーディン
最近のはみな、缶切り不要で便利です。




採取物:
ホンシイタケ
採取日:
2016.3.30
採取場所:
長岡京市
西山キャンプ場近く
ホンシイタケ
 朽ちた倒木から生えたキノコ。今度は間違いなくシイタケだ。

 と思ったのに、帰ってからニセシイタケの写真を見たら、まったく同じ。シイタケと似てると言われるツキヨタケではない。これも有毒のカキシメジとも違う。

 ほぼシイタケと思うが、自信がない。においもほとんどなく、判別できない。

 干しキノコにしてみることにした。さっと洗って野菜干しネットに入れ、吊るした。干し椎茸状態になれば香りで判別できるのではないか、と。



[2016.3.31追記]
キノコ比べ キノコ比べ

 例のキノコの群生地があった。西山キャンプ場の近くです。同じ場所に本物のシイタケも一本だけ生えていた。比較のために並べた。違いが一目瞭然。別種のキノコとわかった。

 シイタケは木から直接生えて、ガシッと食い込んでる。不明キノコは全部、木屑と土が混じり合ったような場所に生え、簡単に抜ける。

 ツバもツボも斑点もない。軸にはシイタケ同様、細かな縦スジが入る。こんなにはっきりしたキノコなのにさっぱりわからん。

アミガサタケ
 オマケのアミガサタケ。同じ日に一個だけ。食用だが、たった一つなので採らなかった。キャンプ場へ向かう道で、よく人が通るので誰かが採っていくだろうけど。



[2016.4.4追記]
不明キノコ

 干し上がった不明キノコ。香りは悪くなく、煮物にいい出汁が取れそうですが、試しません。






採取物:
ニセシイタケ
採取日:
2016.3.16
採取場所:
長岡京市西山山中
ニセシイタケ
 西山のルート探索の途中で見つけました。「シイタケだっ!」と、喜んだのもつかの間、残念ながら生えてるのは地面。シイタケは倒木に生える。だいたい野生のシイタケはそうそうあるもんじゃない。

 帰ってからスキャナで。カサのサイズはだいたい6センチ。
ニセシイタケ
ニセシイタケ


 下のは本物のシイタケ(大藤農園提供)。 シイタケ
シイタケ


 触った時、しっとりしてました。それもシイタケにしては違和感のある理由。ぬめりというほどではない。ぬめりのあるキノコはたいてい食用。

 調べるのは難しそうです。試し食いはやめます。

ニセシイタケ ニセシイタケ




採取物:
鳥の巣
採取日:
2016.2.4
採取場所:
長岡京市西山
鳥の巣
 ハイキングの途中。何の巣かわからないが、サイズから見てスズメ目の小さい鳥のようだ。

 こういう珍しいお宝は通常のハイキングルートでは落ちてない。たまに落ちてもすぐに拾われるし、ひんぱんに人の通るところに巣を作りたがらないと思うから。山中の「道じゃないルート」で見つけました。

鳥の巣
 頃合いの箱が出てくるまで仮の箱に鎮座。西山お宝コレクションではこれでも最優秀品。





採取物:
ペンケース
採取日:
2015.12.27
採取場所:
大山崎町
ペンケース
 路上に落ちているペンケース。拾い上げた。真新しく、未使用っぽい。中身は空っぽ。

 自分が使うシチュエーションを考える。どう考えても使いそうにない。そっと元に戻した。





採取物:
ヒラタケ
採取日:
2015.12.17
採取場所:
京都市山科区
ヒラタケ
 またしてもハイキングで。1メートルほどの高さで切られた木をまわりこんでみると、でかいキノコが重なり合っていた。ヒラタケの仲間だ、これは食えるぞと、喜んで持ち帰った。

 しかしなかなか種類を特定できない。15センチはある。これだけでかいキノコはそうそうない。だからすぐわかると思ったんだけど。毒キノコではなさそう。スギヒラタケとかドクツルタケとか、似た毒キノコを調べたが、別種。

 いったん不明キノコとして諦めたが、大量にとってきたのを捨てるのが惜しくなり、再度徹底的に調査。ヒラタケだった。「の仲間」じゃなく、そのまんま。ヒラタケは色も形も変異が大きく、ちょっと見では別種に見える。ヒダの形状やイレギュラーなカサの形、軸からの伸び方などで総合判断した。

 じべたでヒラッタケ。クサいギャグは置いといて、少し試食。野菜を加え、軽く醤油で味つけして炒めた。クセのない味だが、醤油の味と合い、美味しい。バーベキューでもいけるんではないかな。

ヒラタケ
生えていた状態。

ヒラタケ
下から覗いてみると。



 ヒラタケをとってきたのは諸羽神社の近くの道端。京阪大谷駅近くにある蝉丸神社の鳥居前では、大量の銀杏が敷き詰めたように落ちていた。最近あまり見かけなくなったものを大量に見つけて、嬉しくなった。果肉に包まれてないものだけを拾った。でもちょっと手が臭くなったかな。
ギンナン


 ヒラタケはテンプラにするとべたっと崩れたようになった。味は悪くない。お好み焼きにトッピング。残念ながら色が地味で味も淡白なので、キノコを味わった気がしない。

 ネットに挙がってたので茶碗蒸し雑炊というのもやってみたが、そもそも茶碗蒸しというものを作ったことない。なのでうまくできなかった。上手に作れば美味しかったろうけど。

 明日は八宝菜を試す。これは失敗しないと思う。いろいろ試すが、量が多いのでなかなか減らない。

 [12.19追記]ヒラタケに小さな虫が入ってました。蛆虫が細くなったようなの。動かなければヒダの一部と見分けがつかない。たくさんいた模様。一部は食べてしまった模様。





採取物:
寸詰まり大根
採取日:
2015.12.14
採取場所:
長岡京市
寸詰まり大根
 ハイキングの帰り道、農道にぶっ転がっていた。水路でゴシゴシ洗い、持ち帰った。

 商品にならんということでポイ捨てしたらしい。畑に置いときゃいいのに、なにも道端に捨てなくても。

 干すものがなく、干し野菜ネットが遊んでいる。切り干し大根でも作ってみようかな。面倒そうだが。





採取物:
京都市営地下鉄1dayフリーチケット
採取日:
2015.12.1
採取場所:
Tジョイ京都
市営地下鉄1dayフリーチケット
 映画館に落ちてた。残念ながら一回使用してる。使用済みは価値がない。今日は地下鉄に乗らない。

 映画館スタッフに預けた。落とし主は問い合わせてこない気がする。

市営地下鉄1dayフリーチケット




採取物:
糸こんにゃく(採取しない)
採取日:
2015.11.4
採取場所:
長岡京市某所
糸こんにゃく
 落とした人は誰なのかわかっています。このアパートの住人。バイクの持ち主。

 すでに何日もたっていて、パッケージに穴が開いて水は抜けきっています。バイクのスタンドで踏んづけたりしてるから。

 この糸こんに恨みでもあるのでしょうか。このかわいそうな糸こんにゃくをしばらく見守ってみましょう。

 [11.6追記]なくなってました。可燃ゴミの日じゃなかったけど。





採取物:
クルミ
採取日:
2015.10.10
採取場所:
長岡公園
くるみ
 クルミを拾いました。果肉をむいてしまったけど、一つだけ果肉つきで。果肉をむくと下のように。実そのものは梅よりちょっと大きいかな、というぐらい。
くるみ


 正体のわからない実を見つけました。これがなっている木が見当たりません。




 けっこう大きい。食えるもんじゃないと思う。

[追記2015.11.7]大きいけど、カラを割るとクルミでした。





採取物:
トラフィカ京カード
採取日:
2015.10.7
採取場所:
長岡京市
トラフィカ京カード
 駅改札に入ってから乗車券を拾うことはよくある。駅員に届ける。使い道がないから。改札を通ってない乗車券は使えるが、絶対に落ちてない。

 今日は改札を通ったところでプリペイドカードが落ちていた。喜んだのもつかの間のぬか喜び。千円のカードで残額がわずか60円。バス一回分にもならない。





採取物:
乙訓じかん第2号
採取日:
2015.9.10
採取場所:
長岡京市
乙訓じかん第2号
 市役所の前の道に落ちていた。市役所のチラシスタンドから取ったものだろうか。そうだと推定し、チラシスタンドへ戻してやった。すでに残部は1になっていた(戻す前)。ぼちぼち追加したほうがいいと思う。

 僕の漫画が載ってるけど、実を言うとまだ手元に1部も持っていない。持ってきてもらえるので、自分で取ってくることはしない。





採取物:
チーズ豆乳鍋スープ(キッコーマン)
採取日:
2015.9.10
採取場所:
長岡京市
チーズ豆乳鍋スープ
 栄養の偏りが気になっていた。野菜や肉などいろいろ摂取せねば。だからというわけじゃないが、インスタント鍋スープを拾った。

 材料を買わねば。しかし最近野菜が高値にはりついたまま。野菜、落ちてないかな。





採取物:
ナス一盛り
採取日:
2015.9.4
採取場所:
京都市西京区大原野上里鳥見町
ナス一盛り
 西京区の「竹の径」へ行くつもりだった。途中、農道の行き止まりでナスの葉が捨ててあった。ナスがついたまま。

 これはもったいない。実だけ引きちぎっていただいた。その数、10コ。

 先日、干し野菜ネットを拾ったものの、ベランダのプランターにはゴーヤとピーマン。あとはネギと小松菜、パセリぐらいで、干せるものがない。その日は朝市で買ったナスをカットして干したが、今日も干しナスを作ろう。一部はカレーに。ゴーヤとナスのカレーはどうなんだろう。とんでもな組み合わせかな。


 竹の径は事前のルート確認がいいかげんで、道がわからなくなって行き着けなかった。情けない。


[追記]ゴーヤのカレーは明らかに違った味のカレーになりました。悪くない。レパートリーを一つ追加。

干しナス
   干しナス。だいぶ縮んできた。




採取物:
干し野菜ネット
採取日:
2015.8.27
採取場所:
長岡京市
干し野菜ネット
 これって新品じゃないのか。畳んであった折り癖がそのまんま。使ったあとが感じられない。それでも食品が直接触れるものなので洗いますが。

 名前がわからなかったけど、干し網、乾物ネット、干物ネット、一夜干しネットなど、いろいろあって統一されてないみたいです。

 うちではとりあえず野菜をと思いますが、ベランダ野菜には干せるものがない。冷蔵庫にもない。木曜の朝市は海印寺JAで9時。間に合うので走ってきます。

[2017.3.2追記]
 ダイソーで見つけた。税抜き150円。





採取物:
ライトツナ缶
採取日:
2015.8.20
採取場所:
長岡京市
ライトツナ缶
 最近一週間、肉類を食ってないなと思ったところで、路上に転がっている。ちょっと缶がへこんでるが、穴は開いてない。

 捨てたんじゃなくて単なる落し物でしょうね。消費期限は3年後です。





採取物:
手網
採取日:
2015.8.19
採取場所:
長岡京市
手網
 場所は立石橋。水の中のゴミをすくうものがほしかったが、それだけのためにわざわざ買うのはもったいない。

 リサイクルやリユースに関わる部分でお金を使わない主義です。生ゴミ堆肥の土嚢袋は、もらうか拾うかで調達しています。

 拾った場所を明記したことで所有者が名乗りをあげてくる可能性はある。そのときゃ、まあ、しかたないですね。


 プンプンうるさく飛び回ってた蚊を網で捕獲。さっそく役に立つ。





採取物:
千島屋の本わらび
採取日:
2015.8.16
採取場所:
長岡京市
千島屋の本わらび
 なんなのかと開けたら、わらびもち。いっしょに捨ててあった隣の栗かのこは栗ようかんらしい。

 スイカ丸ごと捨ててあったこともあったが、今年のお供え回収にはそんな豪勢なものはなかった。

 なんとなくだけど、野菜などは捨てずに家庭で利用する人が増えたんじゃないか。長らく野菜の高値が続いて、倹約ムードも盛り上がってる気がする。それはいいことだ。





採取物:
キュウリ
採取日:
2015.7.26
採取場所:
長岡京市
キュウリ
 無人販売所で。形がよくないって、どうよくないんだろう。不可解です。

 「お好きなだけ」とあるので、そっくりいただいた。うちの畑(ベランダのプランター)は不作だ。買うかもらうかしないと食っていけない。

 これもゼロ円ショップの一つというべきか。不定期開催。常時というわけにはいかない。

 ゼロ円ショップイヴェントは11月28日、コミカフェ見本市に相乗りの形で開催。
 コミカフェ見本市
 ゼロ円ショップの簡単レシピ




採取物:
オッペンのコラーゲンリッチ
採取日:
2015.7.10
採取場所:
長岡京市
オッペンのコラーゲンリッチ
 分別ステーションの「その他不燃」で別のものを捜してたら、こんなものが出てきた。薬かな、と思ったが、清涼飲料。怪しげな通販じゃなく、名の通ったメーカー品なので持ち帰ることにした。

 とりあえず一杯。美味しい。賞味期限は大きくオーバー。切れてても、風味に影響あるというほどのことはなかったようです。

 2009年発売。今は扱ってないようです。売れなかったんでしょうか。
 オッペン化粧品 Oppen コラーゲンリッチ

 実のところ、コラーゲン摂取の不足を気にしてました。本当はこんなものからじゃなく、食品から摂るのがいいんでしょうけど。





採取物:
九条ねぎ
採取日:
2015.5.31
採取場所:
長岡京市路上
九条ネギ
 こちらは捨てた理由が明白。消費期限、過ぎてます。

 京都文化博物館映像ホールの座席で撮影。もちろん上映開始前だが、館のスタッフが見つけたら目をむいて怒りそう。

 うどんにするか、と思ったが、お好み焼きに全部入れた。うどんにしたほうがネギの味が生きたのかも。




採取物:
銀色のバッグ
採取日:
2015.5.28
採取場所:
長岡京市某所
銀色のバッグ
 カーキ色のバッグがぼちぼちくたびれで、次のを探してた。もうひとつあったが、状態はこちらがいい。基本的にデザインは問わない。消耗品なので、使えればいい。

 中に不用品が詰め込まれていた。帰ってより分け、ほとんど捨てた。ゴミ入れ代わりにしたのか。




採取物:
尾西のチキンライス
採取日:
2015.5.28
採取場所:
長岡京市某所
尾西のチキンライス
 落し物ではない。分別のその他不燃に放り込まれていた。なんで捨てたのかわからない。賞味期限は3年以上先。湯を注ぐだけでいいので、食べるのに面倒はない。

 インスタント食品はラーメンぐらいしか買わない生活なので、どんなもんだかわからない。固形100グラムで、できあがり260グラムなら、ディナーにはちと物足りなそう。

 湯に牛乳を足して入れてみました。まずまずの味。全部ホットミルクで食べたらどうだったのか気になったが、買って試すほどでもなし。





採取物:
半透明の白い傘
採取日:
2015.2.3
採取場所:
阪急◯◯駅プラットフォーム
白い傘



 2年前に拾った傘がぼちぼちアウト。というわけで新しい傘を調達。落ちていたのだ。盗んだわけではない。

 透明のほうがいいんだけど、贅沢言わない。傷も何もなく、新品と言っていい。これだけ状態のいいものはなかなか見当たらない。

 傘を買ったことはあるはずだが、記憶はない。ずいぶん昔にさかのぼる。以来、いったい何本の傘を拾ったことになるんだろう。






採取物:
スウェットスーツ
採取日:
2014.9.11
採取場所:
長岡京市
スウェットスーツ
 先週拾ったものだけど、洗って干して、ほったらかしにしてました。今日着ていくことにしたので、その前に撮影しました。

 拾った時に確認したけど、どこも悪くない。まったくの新品というわけじゃないんだろうけど、捨てる理由がわからない。見た目、気に入らない部分があったのかもしれない。

 ポケットは三つ。空っぽ。ひょっとするとまだ袖を通してもいなかったのかな。商品タグ類はついてないので国産かどうかもわかりません。衿にBIFFI SPORTSとありました。メーカー名?




採取物:
シロオニタケ?
採取日:
2014.9.2
採取場所:
長岡京市の西山
シロオニタケ?
 ハイキング途中で立派なキノコを見つけた。初めて見るキノコだ。

 帰って調べた。シロオニタケの仲間らしいが、はっきり特定できない。本種シロオニタケ以外に似たものがタマシロオニタケ、コシロオニタケ、ササクレシロオニタケとある。一致しない点は、このキノコの軸部分にイボがないこと。そしてツバが痕跡すらないこと。

 いずれにせよこの仲間は強い有毒から食毒不明まで。残念ながら食べられません。


 帰り、ほたる橋の近くで大きなヤマドリタケを発見(下の写真)。

 実はヤマドリタケとヤマドリタケモドキの区別がついていなかったので、ついでにこちらも調べた。ヤマドリタケは傘の表面に光沢があり、ヤマドリタケモドキはビロード状など、はっきりした違いがあった。どちらにせよ食べられるし、おいしいので、区別は気にしない。ファットスプレッドで炒めて食べました。ヴォリュームたっぷり。


 ドクヤマドリも調べておいた。茎の編み目模様がなくて、つるんとしてるとのこと。この写真ではよく見えませんが、編み目模様があります。

ヤマドリタケ


[追記]2014.9.13
 長岡天満宮前の八条が池の近くにイグチの仲間のキノコが群生してました。ヤマドリタケかと思って軸を見ると、どれもつるんとしてる。ドクヤマドリか。残念ながら食べられません。





採取物:
ミックスゼリーその他
採取日:
2014.8.16
採取場所:
長岡京市
ミックスゼリーその他
 8月の16日17日両日、お供え物の回収がある。未開封の袋菓子などがあれば大助かりなのだが、見当たらない。代わりに拾ってきたのはこの可愛らしい品。省エネカフェで出すお茶菓子には使えないが。砂糖菓子を別にして菓子は少ない。果物と野菜が大部分。

 法的には問題なかろうが、ひと目はちょっと気にする。ささっと捜し、さっと立ち去る。

 毎年大量に食品が捨てられるのは気になる。これでもお供え回収に出てるのはごく一部だろう。バイオエネルギーに転換するなど、適切な方途はないものだろうか。





採取物:
三輪そうめん
採取日:
2014.8.5
採取場所:
長岡京市某可燃ゴミステーション
三輪そうめん
 パッケージを開いたら素麺がぎっしり。50グラムの束、40本。消費期限は2016年4月。こんなものをなんで捨てるんでしょうね。まったく手をつけないままの食べ物を捨てるなんて、罰当たり。麺をもらったけど素麺が嫌いだった、ということかな。

 素麺ですから、いくらいいものでも2千円ぐらい。ずしりとして重量のわりにはたいしたことないかな。久しぶりに麺つゆを自作するか。





採取物:
体重計
採取日:
2014.5.12
採取場所:
長岡京市某ゴミステーション
体重計
 ゴミ捨て場に置いてあった。汚れはないし故障箇所も見当たらない。

 体重が増えぎみだったので、必要性を感じていた。持ち帰って量った。思ったよりは少なかった。間食を原則禁止にした効果があらわれた。あと2〜3キロ減らす、を目標にして頑張ります。





採取物:
トラフィカ京カード
採取日:
2014.4.12
採取場所:
阪急の某駅
トラフィカ京カード
トラフィカ京カード
 液のプラットフォームにカードが落ちていた。京都市交通局発行のカード。バスはめったに乗らないが、地下鉄は利用しないでもない。

 文字が小さくて読みづらく、残額が見えない。メガネを取り出して、90円らしいなとわかる程度。こんなちまちました文字で差し支えなしと交通局は思ってるのか。利用者サイドの視点がない。





採取物:
ハマナカあみあみペンネット
採取日:
2014.4.1
採取場所:
長岡京市某分別ステーション
ハマナカあみあみペンネット
 ベランダの転落物防止ネットを捜していた。ようやく見つかった。長さ1メートルが2枚。長さは少し足りないが、あるだけまし。

 めったに物を落とすことがないし、わざわざそれだけのために金を使うのはもったいなかった。あともう一つ二つ、ほしいものあるけど、誰か捨ててないかな。





採取物:
讃岐うどんアゲ
採取日:
2014.3.9
採取場所:
長岡京市
某スーパー駐輪所
讃岐うどんアゲ
 映画館の帰り、某イズミヤでトイレだけすませて帰ろうとして、自転車の脇に何か落ちているのが目に入る。前かごから落ちて気づかずに帰った人がいるらしい。

 うどん。最近食べてない。久しぶりにきつねうどんするか。その前にうどんを買わねば。買い置きなどないのだから。





採取物:
カボチャ
採取日:
2014.2.15
採取場所:
長岡京市某所
カボチャ
 とあるものを拾いに行く途中だった。畑の脇に捨ててあるホウレンソウを前日見つけた。帰り道に拾っていくつもりが、忘れてしまった。

 畑でもない道ばたにカボチャが落ちている。小ぶりです。なりが悪くて商品にならないと見て、捨てたんでしょうね。こういうのがいっぱいあると、野菜の値段高騰のおり、助かりますが。





採取物:
シャープペンシル
採取日:
2014.1.23
採取場所:
長岡京市某所
シャープペンシル
 分別ステーションでは8時ぐらいから回収車がまわってきてばたばたと拾っていきます。ぽつんと1コ、取り残されたものが転がっている。シャープペンシル。べつだん壊れているようでもない。

 シャーペンは何十本も持ってるが、手になじんで使い勝手のいいものは多くない。これはなかなかよさそうだ。高級品、というわけでもなさそうだが。





採取物:
ネスクイック
採取日:
2013.11.9
採取場所:
長岡京市の某スーパーのゴミ入れ
ネスクイック
 なんでこんなものを捨てるのか。もちろん未開封。400グラム。ネスル社製。

 缶の底にあった消費期限を見て納得した。大幅に過ぎている。しかしこんなところに捨てた事情はわからない。捨てたのが客とは限らないが。

 ココアを飲む習慣はない。ココアクッキーを作ってみようか。クッキー。この前、パーティ用に試作して失敗したのを思い出した。もう一回やってみるか。

 ココアを飲まないのは少量を温めるのが面倒だからだった。よく吹きこぼす。これは冷たいミルクでも溶けるやつだった。遠ざかってた間にココアも進化してたんだ。





採取物:
ビッグカツ
採取日:
2013.10.16
採取場所:
長岡京市の某所路上
茶色のパッケージ
 近所の路上です。通る時に何度か見かけたが、ただのゴミだろうと思った。しかしなんとなく気になって中身を調べる気になった。パッケージがゴミっぽくないのだ。

 中身は食品。消費期限は来年1月。製造日は書いてないが、たぶん買ったばかりだろう。もちろん開封してない。これは捨てたんじゃなく、落とし物じゃないか。

 少なくとも丸一日はそこにおいてあった。誰も処分しなかったのは、たまたま前の家が空き家だったからじゃないか。落としたなら捜しに来てもよさそうなものだ。買ったことすら忘れてるようなお年寄りなのかも。



ビッグカツ




採取物:
籐籠
採取日:
2013.9.26
採取場所:
長岡京市某分別ステーション
籐籠
 他のものを捜してたのですが、籐籠が目に入りました。傷みもなく、きれいです。

 もったいないじゃなく、必要なので持ち帰りました。いくらきれいでも用途のないものは拾いません。入れるものは食品。なので念のため、ていねいに洗浄しました。





採取物:
レインコート(下だけ)
採取日:
2013.8.27
採取場所:
長岡京市某所路上
レインコート
 下だけ落ちている。こういうのは消耗品なので予備があれば助かるが、それにしても下だけか。

 洗って干しました。きちんとたたんだ状態で落ちてたものが、洗ってしわくちゃになった。洗う前に撮影しとくんだった。





採取物:
スイカ
採取日:
2013.8.16
採取場所:
長岡京市
お供え回収所
スイカ
 お供え品回収所にスイカが捨ててあるのだ。どこも悪くない。傷もない。捨てられているのはスイカに限らない。野菜、果物、菓子、餅など、多数。メロンもあったが、少々傷んでいる。

 主催する省エネカフェで「ゴミ減らせんかい?」をテーマに話し合った。食品廃棄問題についても話した。目の前に食品が大量に捨てられているのを見るとむなしくなる。

 スイカを持ち帰った。直径17センチで、やや小ぶり。捨てるようなスイカだから味はたいしたことないのでは、と思った。とりあえず半分いただいた。味は絶品!とまではいかなかいが、まずまず普通においしい。長年、スイカを買って食べてないので普通がどのラインか知らないのだが。

 廃棄されたものはどう処理されるんだろう。分別してどうにかするという面倒なこと、するわけない。通常の台所ゴミといっしょ。焼却されるにきまってる。もったいない。

スイカ




採取物:
筆ペン
採取日:
2013.7.9
採取場所:
某生協支部のゴミ箱
筆ペン
 手持ちの筆ペンはへたってきてるが、買い替えるほどでもないし。と思ってたらゴミ箱に捨ててあった。使えるし、問題はない。

 わざわざ買うまでも、と思ったのは、使う機会が減っているから。それではいけない。これを使ってサインの練習をしてみた。

サイン




採取物:
白いビニル傘
採取日:
2013.6.21
採取場所:
阪急河原町地下道から上がる階段の踊り場
白いビニル傘
 同じような傘を何年も前に拾い、ぼろぼろになった。ぼちぼち次のをと思ってたら、落ちていた。

 傘を持ち歩くのは苦手だ。片手がふさがるのが不便でならない。うっかり忘れ、取りに戻ることがある。この日は映画館で置き忘れ。出て空を見上げ、慌てて戻った。





採取物:
編み籠
採取日:
2013.5.23
採取場所:
長岡京市某所
編み籠
 籐のかごのようなものを捜してました。素材がわからんのですが、こいつが見つかりました。

 新品みたいに見えますが、一箇所、難あり。それぐらいは補修可能。

 とりあえず洗浄する。用途は食品を入れる容器ですので。





採取物:
各種のペン
採取日:
2013.3月以前
採取場所:
あちこち
ペン
 水性ボールペン、油性ボールペン、シャープペンシル。1年間に何本拾ってるか知らないけど、消費しきるのは1本あるかどうか。必然的にたまりこんでいく。どうしよう。

 寄贈すべきかと思う。施設かバザーへの供出。それならもうちょっとたまってからのほうがいいのかも。100本たまったら寄贈しよう。





採取物:
フタつきバケツ
採取日:
2013.2.14
採取場所:
長岡京市某所
フタつきバケツ
 分別ステーションにプラスティックの収納ケースが捨ててあった。壊れてないし欲しかったが、諦めた。大きいので持ち帰るのが面倒。おまけに内側が汚れてる。洗浄するのも面倒。

 フタつきバケツがあった。これは汚れてない、とはいえ、室内での使用が前提なので軽く洗う必要はある。台所で出る生ゴミを入れるのに使うので、ていねいに洗わなくていい。

 生ゴミ専用です。腐葉土をポリ袋に入れ、そこに生ゴミを入れてかき混ぜる。するといつのまにかゴミは消えて土になっている、という仕組みです。タマネギの皮とか、分解に時間のかかるものはハサミで切っていれます。

 下にあるのがそれです。容量15リットルは大きいですね。かなり入ります。生ゴミが多くて土が不足ぎみです。調整の必要があります。栄養価の高いエサも調達する必要があります。

 フタがないと害虫の侵入を気にしなければならない。「フタつき」というところに意味があるんです。

フタつきバケツ




採取物:
水性ペイント
採取日:
2013.2.7
採取場所:
長岡京市某所
水性ペイント
 アイヴォリーのペンキひと缶、未使用で捨ててないかな、なんていう虫のいいことを考えていた。あったんだ、そのまんまが。

 ニッペホームプロダクツの製品。1.6リットル。汚れてきた台所の天井を塗り替える予定だけど、これなら余る。

 買ったけどいらなくなった。じゃまだから捨てた。そんなとこでしょう。上出来だ。これだから捜しまわるのをやめられない。




採取物:
コキーユ・ブランシュ coquille blanche
採取日:
2012.11.22
採取場所:
長岡京市某所
コキーユ・ブランシュ
 ベランダからものが落下するのを防ぐためのビニール製ネットを分別ステーションで見つけた。再度同じ場所を見た時、白い陶器(磁器?)を発見。グラタン皿などとまとめていろいろと。必要なトースト用の皿だけ拾った。新品に見えるが、どういう扱い方をされてたかわからない。洗剤でごしごし洗い、ていねいにすすいだ。

 毎朝、トーストが基本。なのにトースト皿がなく、常に間に合わせの皿を使っている。不便を感じたことがなかったので食器を捜したこともない。使えると感じたとともに、食器の美しさを感じた。

 裏にエンボス文字がある。「ARTICLE ORIGINAL YAMAZAKI」「COQUILLE BLANCHE」などと。ヤマザキパンの景品か何かだろうか。「コキーユ・ブランシュ」が商品名だろう。「白い貝殻」。悪くないネーミングだ。

 使ってみて気づいた。浅いエンボスを別にして表裏に凹凸がない。洗いやすく、汚れが残らない。カビによる黒ずみもなさそう。捨てたやつ、アホ。

 〔追記〕調べると、景品などではなく売り物らしい。磁器ではなくて強化ガラス。気がつかなかった。





採取物:
ペアの密封容器
採取日:
2012.11.8
採取場所:
長岡京市某所
密封容器
 例によって生活上で必要になってるものを分別ステーションへ捜しに行く。なかなか都合よく捨てられてはいない。

 ふと見つけた容器。ガラスじゃなくプラスティックだった。なんてこともない代物なんだろうけど魅力的に感じた。用途を想定しないまま持ち帰った。

 新品に見えるが、わからないので念入りに洗い、乾かす。入れるとすれば食品だろう。使うならペアで使えるものがいい。思いつかないのでしばらく考えてみる。





採取物:
味あご(味付焼きあご)
採取日:
2012.8.28
採取場所:
長岡京市某所
味あご
 未開封で賞味期限が今年の12月。何が不満で捨てたのか、段ボール箱といっしょに捨てられていた。

 モノはトビウオ。魚介類をしばらく食べてなかったからちょうどいい。

 そのあと自転車で出掛けたとき、サドルカバーを落としてしまった。サドルカバーは昨日拾ったもの。本日、プラス・マイナス・ゼロ(泣)。





採取物:
缶詰・瓶詰め 3点
採取日:
2012.6.13
採取場所:
近所の分別ステーション
缶詰・瓶詰め
 目当てはビニールネットとバケツ。なかったが、未開封の缶詰と瓶詰めを拾った。

 こういうのはたいがい消費期限切れだが、そうではない。なぜ捨てた? 引っ越しに伴う処分ならそれらしきものが大量に捨ててあるはず。結局理由はわからず。





採取物:
特殊乗車証2枚
採取日:
2012.4.??
採取場所:
某駅改札
特殊乗車証  特殊乗車証
 こういうものを初めて見ました。要するに区間も乗車日も関係なく使えるということですね。

 神戸へ行くことにしました。六甲アイランドの小磯記念美術館はまだ行ったことがありません。

 5月18日は博物館の日で、無料。催しはマリー・ローランサン展。つまり、交通費も入場料もなし、ということ。

 そのぶんちょっと歩かなければなりませんが、歩くのは慣れています。帰りは住吉川の通路をぶらぶら歩きました。





採取物:
セブ○スター
採取日:
2012.4.26
採取場所:
長岡京市の某駐車場
セブンスター
 煙草が落ちていた。よく見りゃ封も切ってない新品。思わずむちゃくちゃ踏んづけてしまった。

 もちろん、持って帰ったりなんかしません。





採取物:
プラスティック製の容器
採取日:
2012.3.22
採取場所:
センター通り沿いの分別ステーション
蒸し器
 扇子が必要だったんだけど、そうそう都合よくほしいものを捨ててくれるわけがない。かわりに拾ったのがこいつだ。なんなのかわからないけど、洗った野菜などの水切り用の入れ物だろうか。だったらフタは必要ないな。

 拾ったのは、蒸し器として使えないかと思ったから。で、ういろうを試作した。黒砂糖を入れた。

 蒸し器としては合格だが、ういろうの出来はイマイチ。羊羹みたいな固さだ。おまけに味に妙なクセがまとわりつく。

 材料は小麦粉・上新粉・黒砂糖・白砂糖だけ。変形しないよう、ナベとプラ容器の間にウエットティッシュをはさんだ。原因はそれの添加成分かもしれない。エタノール・緑茶リキッド・グレープフルーツ種子エキス。よくわからないものも入ってるが、関係ありそうにない。

 使えることはわかった。ういろうは試作のやり直しだ。プラ容器も、もいっぺんしっかり洗っておこう。


ういろう   ういろう




ういろう
再度挑戦。だいぶよくなりました。




極楽トップページへ(船越聡)

船越商事の新製品

ボツ画供養塔へ

変神探訪へ

長岡京~大原野おすすめコース

当ページへ

アドレスは公開されません。
 counter 2015.8.30