title変神探訪

「変な神社仏閣」のことを変神と呼んでます。
妙なこだわりを持ってたり、奇態な陳列物があったりする神社仏閣を見るのが好きです。
たいていは交通費を除いて金がかからないし、チープなレジャーだと思いませんか?
僕個人が知ってるところというのはわずかです。 情報は歓迎します。可能なかぎり訪問してみたいと思います。

地蔵 観音 不動 地蔵 観音 不動 地蔵 観音 不動 地蔵 観音 不動

霊源寺(大国教会、大國教会、慶昌院),平成院(亀峰山平成院),
芸能神社,白山神社(白山大権現),大将軍八神社,猫寺(称念寺),依代アートプロジェクト,
呼聲講社(名なしの稲荷),月輪寺,アイラブユーの椋,稲荷社・武内社

アイラブユーの椋(稲荷社・武内社) 所在地:大阪府三島郡島本町山崎5丁目
最寄り駅:JR東海道線山崎駅

アイラブユーの椋


 JR東海道線の北側の細い道、山崎幼稚園とサントリー醸造所の中間に、小さな神社があります。名前がありません。いろんな神社を見てきたが、どこにも名前のない神社は初めてです。

 調べると、ふるさと島本案内ボランティアの会のサイトにある案内地図に「稲荷社・武内社」という表記を発見。そんなもん、どこに書いてある。

 一つの神社ではなく、寄せ集めたような感じだ。他に「三輪大明神碑」「豊受大神・白龍大神碑」があった。この豊受大神・白龍大神碑、変な形ですが、何を模しているのでしょうか。

 豊受大神・白龍大神碑

 そんなことより何より気になるのは、鳥居がスティール製であること。こんなものは見たことがありません。右の写真(2011年)では古びた木製の鳥居でした。スティール製に代えたのはどういう事情があったからなのか、今のところわかりません。



 アイラブユーの椋の根元にちっちゃな鳥居と祠が隠れている。これが夫婦和合・恋愛成就のパワースポットらしい。


 2017.2.1



 島本町には武内神社という小さい神社もあります。関係あるのかどうか知りたくて、行ってきました。関連を示す表記はありません。が、階段の手すりがスティール製。関係ありそうな気がしてきました。










月輪寺
(つきのわでら、がつりんじ)
所在地:京都市右京区の山の中
最寄り駅:なし

賽銭箱


 う〜む、これをなんと言ったらいいんだろう。ツッコミどころ、ありすぎ。無人販売の料金箱ですら、もっと気の利いたの置いてる。由緒ある寺がこんなの置いていいのか。だいいちここ、寺だし、神社じゃないし、なんで賽銭箱がある。常識を超越してる。

 ここは清滝から愛宕山への険しい山道の中腹。交通機関は何もなく、歩いて登るしかない。参拝客が少なくてさびれ、落ちぶれ果てた、という印象。

 ひと言弁護すると、この時はシャクナゲの木々が満開で、よくもまあこんなにというほど花をてんこ盛りにつけていた。すごいなと思ったが、撮影していなかった。帰ってから月輪寺のシャクナゲ画像を検索しても、あの圧倒的な光景を写し取った写真は存在しなかった。きちんと撮影しとくんだった。

 あと、犬種不明の白黒ワンちゃんが可愛かった。これも撮ってない。

 2016.4.25

龍女水
 龍女水。由来書きのこんなのも普通ないよね。イージー・アンド・チープ。








呼聲講社(名なしの稲荷) 所在地:
京都市右京区嵯峨鳥居本小坂町
最寄り駅:
京阪嵐山 JR嵯峨嵐山

呼聲講社


 ハイキングの帰りで、裏ルートから阪急嵐山駅へ行く途中、見つけた。由来の気になる神社です。「人形の家」のはす向かいにある。一対の狐が鎮座してたので稲荷かな?

 近所のじいさんをつかまえて聞いてみたが、「一般向けの寺やない」とか、そんなこた見りゃわかるっての。そこに何があるのかまったく知らないらしい。

 由来を示す表記がない。鳥居の片足に「呼聲講社」と彫られてるのを見た。神社名?じゃないんじゃない? その上に「大阪」とある。大阪の講が寄進して作った神社らしい。地元民が由来を知らなくても不思議じゃない。「名なしの稲荷」と呼ぶしかなさそう。

 観光地のど真ん中にあって、誰も立ち寄らない。管理する人もなく、打ち捨てられ、うらぶれた神社、という風情では観光客は寄りつかないだろう。しかしベンチもあり、ほっと一息ついて休憩するには絶好のスポットだ。

 ちなみにここで確認できた「金水講」「信受講社」「呼聲講社」は、いずれもネット上でその存在を確認できませんでした。

 2015.5.29
呼聲講社地図
護法堂弁財天,化野念仏寺,祇王寺,落柿舎,二尊院,常寂光寺,大覚寺,亀山公園,小倉山,釈迦堂(清凉寺),
天龍寺,中之島,トロッコ嵐山,JR山陰線,JR嵯峨嵐山,京福嵐山,桂川,渡月橋,阪急嵐山



呼聲講社
名なしの稲荷











松尾大社 所在地:京都市西京区嵐山宮町3
最寄り駅:阪急電鉄嵐山線松尾駅

樽占い


 たいしたことではないが、阪急の松尾駅と松尾大社は、地名としては嵐山に立地する。子供の頃、「嵐山に松尾がある」と面白がったものだ。

 訪ねた目的は松尾大社ではない。「依代アートプロジェクト」というイヴェントが開催されている。10の神社で開催されてるが、観たいのはここだけだった。小林賀代子さんの作品だけが目当てだった。サイトやリーフレットで見た絵に心惹かれた。
 日本画かと思ったが、布に彩色だった。繊細で不思議な作品だ。ただ残念だったのは、台風による強風のため、3点のうち1点が撤去されていたこと。社務所に頼み込んでも、面倒な客は門前払い。金を落とさん客は客のうちに入らんので、大事にされない。

 依代アートプロジェクト
 小林賀代子
 依代アート(小林賀代子)

『白の中で舞う』
  『白の中で舞う』
『黄色の中で舞う』
『黄色の中で舞う』  
はっきりいってまったく写真がだめで伝えきれていない。
このあとデジカメが壊れ、すぐに新しいのを買いました。
もう一回観たいけど・・・、無理か。








猫寺(称念寺) 所在地:
京都市上京区寺之内通浄福寺西入
最寄り駅:京都市バス 乾隆校前

猫寺


 町中にある小さい寺です。さぞかし猫好きが集まるホットスペースかと期待して行ったのですが、あまりの何もなさに唖然としました。猫の子一匹いない。

 「猫寺」と称しておきながら、それはいかんだろう。常に猫が数匹滞在してるような仕掛けは必要だろう。

 猫寺と名のついた由来はいちおう掲げてあるが、そういうものに意味を感じないので無視する。関心なのは現時点での意味。今そこに猫寺として存在してることの意味だ。

猫寺  猫寺








大将軍八神社 所在地:
京都市上京区一条通御前通西入3丁目西町48
最寄り駅:
京福電鉄北野線 北野白梅町駅

大将軍八神社


 モノノケ市という妖怪イヴェントで全国的に知られている(らしい)。妖怪グッズ販売のアートフリマ、百鬼夜行パレードが目玉である。年に何回か催されるモノノケ市のほかは、閑散とした小さな神社である。妖怪と神社との関連性は不明。

 このイヴェントは2009年より開催されているが、一条通の百鬼夜行はそれ以前から催されている。個人的にはフリマより百鬼夜行だと思うので、開催時期に再度訪れたい。

 2007年の百鬼夜行(YouTube)
 怖がって泣き叫んでいる幼い子らが愛らしい。太鼓チームの祭り囃子、いいもんですね。

 近所には百鬼夜行資料館がある(入場無料)。おどろおどろしいものたちがコンパクトに一つの部屋にまとめられている。


大将軍八神社
アートフリマ会場へ

大将軍八神社
三つ目の妖怪はモノノケ市のオリジナルキャラ

大将軍八神社
いちばん目を吸い寄せられた展示物

百鬼夜行資料館
百鬼夜行資料館の入り口 以下は資料館の展示物

百鬼夜行資料館


百鬼夜行資料館









白山神社(白山大権現) 所在地:
京都府乙訓郡大山崎町下植野
最寄り駅:阪
急京都線天王山西山駅

白山神社


 廃寺跡というのは見かけるが、廃社跡というのは初めてだ。しかも社をたたんでから、どう見てもかなりの年月を経ている。何年ぐらいたつのか。

 これ、まだ市販の地図に乗ってるんですよ。グーグルの地図でもちゃんと出ますよ。ほれほれ、アップル社の地図がどうのと言ってられなくなったんじゃないですか?

白山神社

白山神社  白山神社






芸能神社 所在地:京都市右京区嵯峨朝日町23
最寄り駅:京福電鉄車折駅
JR嵯峨野線 嵯峨嵐山駅

芸能神社


 平成院のついでで車折神社に立ち寄りました。ここに芸能神社というのがあることを初めて知りました。

 芸能の神様。なるほど。浮き草稼業の芸人は神様仏様にすがりたがる。そこに目をつけた商売勘はよろしい。

 朱塗りの玉垣が2000枚以上奉納されてる、とある(上の写真にごく一部見える)。芸人の名前に一般人が引き寄せられ、神社商売は繁盛するという仕組み。ますますよろしい。これぐらい目端が利かなくては神社は生き残れない。

 芸能神社のページ

芸能神社
芸能神社







平成院(亀峰山平成院)Heisei-in
 真言宗大谷学派
所在地:
京都市右京区嵯峨天龍寺瀬戸川町14−8
最寄り駅:JR嵯峨野線 嵯峨嵐山駅
京福電鉄嵐山駅

平成院


 境内にやたら石積みがあるので観光客が足を止める。なんのための石積みだろう。寺の由緒由来をどこにも記してない。寺の人でもいれば尋ねるところだが、誰もいない。

 子供の石像があり、子供関連のものがあるから賽の河原と関係があるんでしょう。気になる。捜しだしてでも尋ねるべきだったか。

 小さい寺でわかりにくいと思いましたので、下に地図を入れました。


平成院
平成院
平成院
平成院
平成院
平成院
平成院
平成院







霊源寺(大国教会、大國教会、慶昌院) 所在地:
京都市右京区嵯峨鳥居本岡崎町
最寄り駅:
JR嵯峨野線の嵯峨嵐山駅
京福電鉄嵐山駅

霊源寺正面


 いくつか名前があるが、みな同じところらしい。近くにある小松山積聚苑といい、いかにも怪しげな宗教施設が近いところに集中してて楽しい。

 ここはやたら石彫の動物オブジェが豊富だ。なのに入れない。拝観はないんだ。いったい誰に見せるつもりで展示してるのか。


案内してるつもりなんだけど、なんか変??
大国教会案内

オブジェが外にも中にもたくさんあって楽しい。
霊源寺  霊源寺

が、こんな立て札が・・。
霊源寺








変神探訪 過去の履歴

新京極の錦天満宮

三室戸寺の狛兎

小倉神社の十二支石像

狸谷山不動院

棚倉孫神社

大豊神社 狛ねずみ

萬國戰争受難者慰霊塔

小松山積聚苑

天王寺区の吉祥寺

長寿院の灯籠庭園

木の元地蔵尊(木元寺)

兵庫大仏(能福寺)

丹波七福神

昼神車塚古墳

釘抜き地蔵(石像寺)

晴明神社

大平和祈念塔

石峰寺

らくがき寺(単伝寺)

飛行神社

弓弦羽神社

中山寺

六角堂(頂法寺)

巣林寺

末廣大神・阿佐田哲也大神

護王神社

壬生寺

北向山不動院

極楽トップページへ

極楽貧乏へ

風光明媚へ

船越商事の新製品

じべたでひろたもんへ

長岡京〜大原野おすすめコース

当ページへ