省エネの省劇場 その12
生ゴミは何日で分解するのか

2016.11.17 a.m.11:24

 生ゴミが分解されて堆肥になる過程を記録します。



 これは堆肥にぬかを混ぜ、水分調整した状態。



 こちらは剪定物を裁断して混ぜ込んだ状態。細かくしておかないと極端に分解が遅くなるので、入れる前にカットすることにしました。

 こいつは畑に残ってたゴーヤのつるです。畑というのはベランダのプランターです。実もならないくせに、いっちょまえにゴーヤのにおいが漂います。

 これだけでは物足りないので、明日、もう少し生ゴミを足します。


2016.11.18 a.m.8:47


 玉ねぎとジャガイモ、加える。卵もあればよかったが、ないんです。


2016.11.24 a.m.9:40


 一週間。目に見える変化はありますでしょうか。この間は生ゴミを投入していません。


2016.11.28 a.m.9:10


 11日。分解してやや薄くなったようです。



 みかんの皮を投入。色が違うので他の投入物と区別がつきます。

 細かくカットしてから入れてます。でないと何か月もかかってしまい、やってられません。サイズが2倍なら分解に2倍ということはなく、5倍10倍かかると想定します。観察するならスピードアップが必要。


2016.12.3 a.m.10:08


 早くも生ゴミが薄れてきました。見た感じでは、水分ちょっとちょっと不足ぎみかも。

 書き忘れていましたが、通常の生ゴミはすべて別の入れ物にて処理しています。ここへ全部放り込むと分解過程が見えなくなるので。


2016.12.7 a.m.14:54


 卵の殻を投入。1コぐらい入れても混ぜたら見えなくなるので、ためて6コ投入。それでもこんなもん。細かくしたからよけいに目立たない。

 他の生ゴミはかなり薄れてきました。がんばれ腐葉土!


2016.12.9 a.m.11:10


 魚の骨、投入。タンパク質の分解が早いのはわかるが、カルシウムも案外早く消えていく。何日で消える?


2016.12.22 a.m.8:40


 ほとんど分解されたかのように見えますが、魚の頭などは残ってます。

 骨の中で太い背骨や肋骨は消えました。太いといっても長細くて表面積が大きいですから、分解されるのは早かったわけです。

 カルシウムを分解するのは酸です。酵素分解によって酸性物質が生成されている模様。


2016.12.27 p.m.2:21


 堆肥の分解処理が一段落して沈静化してるので、景気づけに余った米ぬかを全部投入しました。これでまた活性化してくれるといいのですが。


2016.12.28 a.m.11:25


 変化が見えなくなったので(要するに面白みがなくなってきたので)、先月の野草茶カフェで余った茶葉をどっと投入。イタドリやクワなど、味がイマイチだったものだけ。薬飲んでるみたいな味だった。

 もんでつぶして小さくする。でないと分解に年単位という恐ろしいこともありうる。よくかき混ぜたら、下のように。






2017.1.10 a.m.11:57


 変化が乏しくなってきていますが、着実に分解が進んでいます。魚の頭はいつのまにかなくなってます。

 水分調整が適正であれば腐敗しませんから、悪臭はありません。むしろ芳香とも言えるような香りが。


2017.1.18 a.m.10:42


 変化が見えなくなったので、エサをやって景気づけることにしました。米ぬか適量を投入。


 かき混ぜてこんな感じ。分解は加速するでしょうか。


2017.1.30 p.m.3:00


 だいぶこなれたようなので、ここで終了とします。


 小さいバケツに移し替え。容量の半分ぐらい。


 プランターの土と肥料を足して混ぜました。土は用意できた。何を植えるか。


 ほうれん草の種が残っていた。腐葉土の量に比べると多すぎるが、発芽率が怪しいのでこれぐらいで。


 種を植えて水やり完了。底に水抜きの穴を開けたので、以後はバケツとして使用できません。

 さて、芽は出てくるでしょうか。


極楽トップページへ

省エネカフェのトップへ

省エネの省劇場

スーパーのリサイクル回収

生ゴミは何日で分解するのか 当ページ

ゼロ円ショップ開店記

ゼロ円ショップの簡単レシピ

省エネナビ日誌

クリーンプラザおとくに(乙環)再訪

個別家電の使用電力量

ミヤコちゃんの部屋(四コマ)

生ゴミを一か月

腐葉家族(腐葉土による堆肥化)日誌

リサイクルプラザの分別処理

電気代月千円生活(一人当たり)

LED電球とペットボトル